東急田園都市線中央林間3分(小田急線北口1分)のごゆるりサロンは、日本で唯一!女性の理学療法士による、初心者からのヨガ×アロママッサージ整体(頭蓋骨・骨盤・足底アーチ矯正)が両方受けられて、楽なからだとこころで今晩からぐっすり(-.-)眠れる女性専用サロン。日曜定休日。お問い合わせ・ご予約は24時間受付中です。

足底アーチへのこだわり

足底アーチへのこだわり

当サロンでは足底アーチ、骨盤(仙骨)、頭蓋骨の3点のバランスを大切にし、アロママッサージ整体とヨガのアプローチを提案しています。

足の疲れやむくみや冷えと行動力が出ない根底には、足部の構造(足底アーチ)の崩れがあります。

足の疲れやむくみや冷えのお悩みは、どれか一つは当てはまる方が多いのではないでしょうか。

その他にも、例えば次のような症状はありませんか。

歩くと足がすぐに疲れてしまう、靴の外側がすり減りやすい、足のむくみや冷え、親指の付け根がでっぱり(外反母趾)小指が曲がって爪が小さくなってきている、足裏のいつも同じところにタコができるなど。

またこのように足元が不安定になっている時には行動力に欠け、頭ではやるべきだと思っていることがなかなか行動できないジレンマに陥りやすくなります。

足底アーチのクッション性と重心バランスの調整が、疲れにくい立ち姿勢や歩き方を引き出します。

みなさんの靴のサイズ、足元のたった30センチにも満たない空間に、両足計52個もの小さな骨があります。

小さな骨で私たちの体重を受け止めて支える大仕事をするために、縦横にアーチを描くように配置されて特殊な構造をしています。

特に縦アーチの内側は一番大きく、土踏まずと呼ばれ衝撃を吸収するクッションの働きをしています。

このクッション機能がうまく働かない状態になることで、足の疲れやむくみや冷えといった症状につながりやすくなってしまいます。

縦横アーチの基点となるのが、親指の付け根(母趾球)、小指の付け根(小指球)、踵の3点です。

この3点でしっかり支えることで、縦横アーチの中心に体重(重心)を保って安定させ、疲れにくい立ち方や歩き方が習得できます。

アロママッサージ整体では、サロンからお帰りになった後も施術効果を継続させ、2~3日後にピークになるように足底アーチを整えています。

アロママッサージ整体では、セルフケアでは難しい52個の足根骨の関節面のそれぞれの動きがスムーズになるように、一つ一つソフトに曲げ伸ばしねじり、ズレを整えています。

骨に付着する筋肉へのストレッチを加え、関節の矯正の反応の出やすさを確認してすすめています。

縦横アーチの高さを決めクッション機能を生み出す骨(舟状骨、立方骨)や、足首の動きを安定させ膝や腰(骨盤)への過剰な動揺ストレスを和らげる骨(踵骨距骨)のポジションを大切にしています。

足関節から膝や腰(骨盤)への荷重バランスの連携が崩れてしまっていることが、O脚や膝や腰の違和感や痛みの原因となっていると考えています。

過去に足周りの捻挫や怪我の経験がおありの方は、それを庇うように使っていた状態のままで違和感が残っていることも多いです。

また偏平足や外反母趾や浮き指といった足部の変形や、足底のウオノメやタコなどの角質化がしやすくなっていきます。

足底アーチが整っていれば、サロンからお帰りになられた後も歩くたびに骨盤や頭蓋骨への施術効果を馴染ませてくれるので、2,3日後に一番よい状態に整います。

ヨガでは、普段の立ち姿勢から足、膝、骨盤のバランスを理解し意識して整える力をつけます。

日本人の8割がO脚の傾向があると言われるように、足底では内側(母趾球)での踏み込みが不十分で、小指への外側の重心となっていることが多くあります。

靴底の外側が早く減る方が多いのも、このためです。

ゆっくり足踏みをしてみると、この足底の外側への不安定性をカバーするために、足や膝や股関節や腰(骨盤)への過剰なストレスが生じているのが分かります。

できるだけ足裏の真ん中に体重(重心)がかかるように立位姿勢や動作を整えることを、地に足をつけるという意味のグランディングだと捉えています。

ボールを使って足裏のセルフマッサージや足趾の運動により、足底アーチを活性化させてから、立位のポーズへ誘導していきます。

最初はみなさん足底の使い方を探すのに必死になられますが、慣れて足から膝関節から骨盤(腰)へのバランスが取れてくると「足の力でなくて、お腹の力で立つのですね!」とおっしゃいますよ。

普段からそのような姿勢を意識することで、少しでも疲れにくく効率位のよい使い方が探せるようにお手伝いしています。

ご自身の足(足底アーチ)の力を生かしてあげてくだいね。

自分の足、じっくり見る機会って普段意外にないのではないでしょうか。

一人一人に与えられたからだの形には、必ず何か意味があると思っています。

足のサイズが大きい小さい、指が長い短い、足の指の長さのバランス、捻挫や怪我の後遺症、さまざまな個性や表情があります。

親子でいらっしゃって骨格がそっくりだったりすると、微笑ましいです。

ご自身の足底アーチの機能や力を知り上手に活用することで、肉体的にも心理的にも、しっかりと自分の足で立つ、しっかりと自分の足で歩く力が生まれてきます。

またそれは、現実をありのまま受け止める強さと、自分にとって必要な行動をする勇気を与えてくれます。

まずはご自身の足元を整えること、その小さな努力の差が5年後10年後のご自身のためになると確信しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional